本文へ移動

ブログ(2019年)

2019年ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

自衛隊とのお別れ

2019-09-27
自衛隊員に感謝の気持ちを伝える山本県議
八街市の避難所で入浴施設を担当した自衛隊員の皆様と山本県議
入浴施設をトラックに載せて出発する自衛隊の皆様
自衛隊の皆様に感謝の気持ちを文字にして見送る避難者と有志の市民の皆様
避難所となった八街市中央公民館内部
八街市中央公民館の玄関に並ぶ支援物資
 避難所となった八街市中央公民館の駐車場に河野防衛大臣のご配慮で自衛隊員のご協力の下設置された入浴施設は、避難された皆様はじめ、停電で入浴できない方々にとっては大変ありがたいことでした。9月24日で市内全域が通電したことから、入浴施設に携わった自衛隊の皆様を感謝を込めて文字をかざして見送る避難者及びお世話になった有志の皆様。自衛隊の皆様本当にありがとうございました。また、避難所でも支援物資の有難さを強く感じました。これからもこの感謝の気持ちを忘れず頑張ってまいります。関係者の皆様本当にありがとうございました。

被災状況を視察

2019-09-27
被災された農家のハウスを視察する山本県議
被災状況の説明を受ける山本県議
鵜澤八街副市長より被災状況の説明を受ける木村哲也衆議院議員と山本県議
被災されたハウスを視察する木村哲也衆議院議員
被災農家の壊れたハウスを視察する自民党千葉県連県議会議員の皆様
被災農家の方から説明を受ける千葉県議会議員
被災農家の壊れたハウスの前で説明する北村八街市長と説明を受ける森田千葉県知事
被災農家の壊れたハウス前で北村八街市長の説明を受ける森田千葉県知事及び関係者の皆様
被災農家の壊れたハウス前で北村八街市長の説明を受ける農林水産大臣政務官及び関係者の皆様
八街市内の被災農家のハウス前に到着した農林水産大臣政務官及び関係者の皆様
 台風15号により今までに経験のない災害が発生した八街市内を木村哲也衆議院議員はじめ、農林水産大臣政務官及び関係者の皆様、森田健作千葉県知事及び関係者の皆様、自民党千葉県連県議会議員などが八街市内の被災状況を視察していただきました。特に、被害が大きかった農作物などの被害額は58億円を超えると聞いていますが、最終的にはこの額を超える被害額になると思いまが、森田知事の視察後、激甚災害の対象になりました。

台風による倒木・電柱など

2019-09-27
電柱に倒れ掛かる樹木
電柱に巻き付く飛来物
途中で折れて倒れ掛かる樹木
自衛隊員が倒れた電柱の復旧作業現場へ
道路をふさぐ倒れた電柱
倒れ掛かる電柱と瓦礫で通行止めとなった道路
倒れ掛かる電柱
積みあがる倒木と作業現場
倉庫が壊れた民家
瓦礫の撤去作業を行う八街市消防団分団員
八街市内の倒木や倒れた電柱で通行止めになっている道路、飛んできた物が巻き付いた電柱を見上げて心配する方、倉庫が壊れてショックを受けている方、八街市消防団分団員が瓦礫の撤去作業を行うなど、このような状況が市内のいたるところにありましたが、東電の関係者はじめ、市民の皆様、市の職員、ボランティアの皆様、八街市消防団分団員、自衛隊の皆様のご協力の下、倒木処理作業を進めることができ、時間が要しましたが9月24日に市内全域で通電したとありました。不安な日々を過ごされた皆様、まだ個人宅などでは、台風の爪痕が残っておられると思いますが、頑張ってまいりましょう。なお、台風15号により各家庭で不用となった瓦礫などをクリーンセンターへ搬入する際、分別にご協力いただいた市民の皆様のお気持ちに感謝いたします。また、復旧作業にご協力いただいた皆様、支援物資をお届けいただいた皆様ありがとうございました。大変勇気をいただくことができたと思います。

台風15号の爪痕

2019-09-20
八街市避難所
自衛隊による入浴施設が中央公民館駐車場に設置され今も続く
自衛隊による給水活動が続く
木村哲也衆議院議員が八街市の被災農家を訪問
千葉県議会議員が八街市被災農家を訪問
八街市の被災農家に話を伺う千葉県議会議員
八街市五区交差点付近の倒木処理状況
今も続く倒木状況「今後の課題か」
八街市トマトのハウス各地域でほぼ全滅状態
東電の作業車が八街市内各地で倒木処理と通電作業に追われる
9月8日(日)から9日(月)にかけて千葉県・神奈川県などに上陸した台風15号による災害は、過去に経験のない災害になりました。千葉県内で悲痛な叫びが上がっています。八街市内の高齢男性にお話を伺ったところ、八街では戦争中でもこんなに長く停電したことがなかったと話してくれました。ただ、東電も必死に作業を行っていますが、倒木本数が多すぎて作業が追い付かず、千葉県内では多くの地域が停電状態が続いています。
個人宅では、屋根全体が飛んでしまった家もありますし、屋根の瓦などが飛んで支援物資で頂いたブルーシートで覆い専門業者に修理を依頼しても数か月先になっている方もいます。また、八街市内の農家の方は特産の落花生に多大な被害が生じたり、トマトハウスは、ほぼ全滅状態のため、この先の農業を続けていく自信がないとおっしゃっている方もいるそうです。そんな中、支援物資を届けていただいたり、ボランティア活動に参加していただき、復旧作業にご尽力いただいている方々、自衛隊の給水活動、入浴施設、倒木作業に協力していただき感謝しております。さらに、河野防衛大臣はじめ、農林水産大臣政務官、木村哲也衆議院議員、自由民主党千葉県連県議会議員の皆様が八街市の災害状況を視察していただくとともに激励の言葉をかけていただきました。今の状態がいましばらく続くと思いますが、地域でお互いを支えあいながら頑張りましょう。

やちまた落花生まつり(開催中止)

2019-09-15
この先にも倒木があります
直径80㎝以上の木が市内各地で
自衛隊の協力による入浴施設が中央公民館へ設置
入浴施設内
自衛隊による給水活動
電気設備が落ちそうな個所も
道路をふさぐ倒木
 本日、予定しておりましたやちまた落花生まつりは、台風15号の被害状況により、実行委員会より中止の発表がありました。
なお、9日から続いている停電は、今も一部の地域で停電が続いています。また、強風だったため、倒木が多く、今もその処理が続いており、まだ数日かかる予定です。電気の来ない地域の方には不便をかけると思いますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。個人住宅の屋根などが飛ぶなどのほか、農家のハウスが壊滅状態です。個人住宅につきましては、範囲が広く復旧に何日かかるかわからない状況です。なお、給水をはじめ、携帯の充電、入浴可能場所、物資の配給などにつきましては、市役所にお問い合わせください。
落花生まつりを盛り上げていただくため、ステージに登場していただく予定だった出演者のみなさまにもご心配をおかけする形になってしまい申し訳ありませんでした。
「ご報告が遅れてしまい申し訳ありませんでした。」
TOPへ戻る